旦那が脊髄腫瘍になりまして。

旦那が脊髄腫瘍になりまして。

2016年、旦那に脊髄髄内腫瘍が見つかりました。闘病記をつらつらと。

お弁当作戦のススメ《家族の面会を楽にする》

f:id:comachi00:20170407091327p:plain

入院六日目、術後三日目から、ヨメはツレと病室で一緒に夕食を食べる、名付けてお弁当作戦を始めました。

 

きっかけはヨメ母からのアドバイスでした。

お互い一人のご飯は味気ないだろうから一緒に食べたら?と。

simple00.hatenablog.com

 

ご飯って誰かがいて、会話があるだけでおいしく感じられるものですよね。

ツレヨメの場合は、ツレの食欲が促進されただけでなく、実は他にもメリットがあったんです。

それは、ヨメが楽になるというメリットです。

 

私は今仕事をしていないので、面会は毎日行ければ良いな、くらいの意気込みで入院中は過ごしていました。(私自身も傷病休職中なので、無理のない範囲でやりたかったのです。)

その私にとって、お弁当作戦は毎日の面会を楽にする、とても良い対策でした。

心境の変化を詳しくまとめていきたいと思います。

 

ちなみに、簡単ですが周りの状況です。

  • 病院…面会は15:00~19:00までOK、病室での家族の飲食OK
  • ツレヨメ…子なし、二人暮らし、仕事は二人とも休職中

 

目次

目的を追加することで面会に行く気持ちが楽に

今日も面会行かなきゃ・・・

あれこれ持っていって元気づけなきゃ・・・

 

これから病院に行く家族ってそう思ってしまうものだと思います。

それが重荷になって、毎日病院に行くのがしんどくなっていませんか?

 

私も重荷に感じてしまう時がありました。

そこで、面会だけが目的だった病院に、「夕ご飯を食べにいく」という目的を追加してみました。

 

そうすることで、「今日のお弁当楽しみ」「ツレの夕ご飯は何かな」というワクワク感が芽生え、面会に行く気持ちが楽になったんです。

f:id:comachi00:20170416115718p:plain

夕ご飯を食べないと私の生活も成り立たなくなってしまいますし、

目的を達成するために自然に病院へと脚が向かうようになりました(`・ω・´)

 

帰宅してからご飯を作る必要がないので楽

帰宅してから一人分の夕食を用意するのって面倒ですよね。

ご飯がインスタントなどになり食生活が乱れがちですし、食費も嵩んでしまいます。

元気な朝のうちにお弁当を用意し、病院で食べてから帰宅することで、この手間を省くことができます。

 

・・・とはいっても病院のご飯って18時くらいなので、夜お腹空きますけどね(笑)

 

帰りやすくなるので気持ちが楽

f:id:comachi00:20170416115829p:plain

お見舞いのときって帰りづらいですよね。

ツレの場合は、「今日は早く帰るね。」と告げると

ショボーン(´・ω・`)←こうなってしまうので、帰りづらくて仕方ありませんでした(笑)

 

これをされることで予定通りの時間に帰れなくて、イライラしたり、病院にいる時間が長くなりすぎて疲れたり・・・ 

 

ツレの病院は面会時間終了が19時だったので、

15時頃行って、カフェでお茶して、18時頃から一緒に夕食を食べ、一息つき、帰るというルーチンが作ることができました。

  

あとがき

やっぱり、誰かと会話しながら食べるご飯はおいしいです。

ツレの場合は「ご飯食べないと傷口治らないよ~」と言われていたので食は本当に大事でした。

子なしの二人暮らしの私たちにとっては、お弁当作戦がとても合っていました。

 

普段お仕事されている方も、お弁当を買って「晩御飯は病院で食べる」って習慣をつければ、面会が少しは楽になるんじゃないかと思います~(`・ω・´)

 

家族構成などで実践が難しい方もいらっしゃると思いますが、

面会に行く目的を追加する、ということは気持ちを楽にする上でとても大切なのではないかと思います!

 

ご参考になりましたら幸いです。

広告を非表示にする