旦那が脊髄腫瘍になりまして。

旦那が脊髄腫瘍になりまして。

2016年、旦那に脊髄髄内腫瘍が見つかりました。闘病記をつらつらと。

《入院3日目》手術当日を迎えました

いよいよ手術二日目、手術当日です。

手術前日も当直事件を始め、いろいろありましたがバタバタとしているうちにを迎えました(^o^;)

simple00.hatenablog.com

 

ツレの手術は、担当医(執刀医)のQ先生にとってその日二本目の手術です。

一本目の手術の終了が終わり次第、ツレの手術が開始されます。

Q先生からは、おそらく午前の開始になると思うのでご家族も午前中にきていただければ、と言われていました。

そのため、9:30に病院に着くように、田舎暮らしのヨメ母と東京の満員電車に揺られ、病院へ向かいました。

f:id:comachi00:20170331123754p:plain

 

 

予定開始時間になっても手術が始まらない!

ツレ母とも合流し、3人でツレの元へ向かいました。

ワカメ、あっ、ツレは顔色も良く元気でした。

 

手術の開始時刻がわかったら看護師さんに呼ばれることになっていたので、待合室なり病室なりで各々待機します。

設備の整った病院だと待合室が広かったり、仮眠室があったりするようなんですが・・・

老朽化の激しい慶大病院には、そういった施設はございません(今建て替えているので将来的にはできるかもしれませんね。)

パイプ椅子に座って狭い待合室でひたすら待機。。

母たちには早くも疲労の色が(>_<)

 

10時になり11時になり・・・呼ばれません。

どうやら一本目の手術が長引いてしまったらしい。

前日夜から絶食のツレは空腹MAX。

 

正午を回り、待機組は昼食もすんだところでやっと名前を呼ばれました。

 

12:50に手術室へ向かうことに!

 

手術室へツレを送り出す

時間になり、病棟の看護師さんと共に手術室の手前まで送りました。

このタイミングで、今までいたベッドとは一旦お別れです。

荷物をすべてもって移動しました。

スーツケースなので移動はスムーズでした。

simple00.hatenablog.com

 

手術室の手前で、病棟の看護師さんは手術室の看護師さんへバトンタッチ。

私たちも、ツレとはここでお別れです。

 

ヨメ「頑張ってね。じゃあまたね。」

ツレ「うん。」

 

意外とあっさりと会話は終わり、ツレは手術室に向かっていきました。

f:id:comachi00:20170331144248p:plain

 

後からツレにきいた話ですが、

この時ツレ母が泣きそうな顔をしていて、これ以上話すと泣かせてしまうから、ツレはあっさりと別れたのだと言っていました(´・ω・`)

 

ツレ、無事に帰ってくるんだよ!

Q先生ツレを宜しくお願いします・・・!

 

ツレは全身麻酔のマスクをはめ、5秒後に眠ってしまいました。

 

手術中は、家族はICU前の待合室で待機します。

ツレと同じ、手術中の患者さんのご家族も何組かいました。(中には朝から10時間の手術をされている方もいました・・・大変!)

数は結構多くて、待合室は満席状態でした。

 

前日にQ先生から「ご家族は誰か一名が待機していただければ良い」と言われていたので、ローテーションで休憩を取りながら手術終了を待ちます。

 

13:00から手術開始となり、手術時間は6時間を見込んでいました。

なので終了時刻は19:00の予定。

途中の呼び出しもなく、ツレの手術は順調に進んでいきました。

 

手術終了

f:id:comachi00:20170331131414p:plain

手術時間は少し伸びて、19:30に終わりました。

(実はこの時ヨメは腹ごしらえにラーメンを食べており席を外していました笑)

 

ヨメがいなかったので、ツレ母がQ先生と話したのですが、

「無事に終わりました」と伝えてすぐ去っていった、とのこと。

とりあえず成功ときいて安心です!

 

その後医師から手術の報告などあると思ったのですが、ありませんでした。

今日はもうこれで帰宅かな~と思いきやツレ本人と面会できるとのこと!

手術成功の連絡から30分程後、面会することができました。

 

手術後のツレの様子

ツレ母、ヨメ母と3人でICUに入室しました。

ICUはドラマ救命病棟24時救命救急センターそのままでした。

 

ツレは何本もの管に囲まれ、人工呼吸器を付けてベットに寝ていました。

手術は首だったのでうつ伏せで行われましたが、身体はすでに仰向けに戻されていました。

f:id:comachi00:20170331151218p:plain

ツレ~よかったね~終わったよー!!

 

すると、なんと、目が開きました!

意識があるではありませんか!

 

ツレはなぜか脚をぐねぐねと動かし、布団をけり散らかしています。まるでタコのように。

f:id:comachi00:20170331131755p:plain

神経の手術直後なので、脚や身体が勝手に動いてしまうんだそうです。

こういった症状がでるのは驚きでしたが、下半身不随は避けられたんだなぁと思いました。

後遺症が一番心配だったので、、安堵しました(´・ω・`)

 

面会を終え、その日は帰宅することになりました。

 翌日からは術後の入院生活が始まります!

 

 

simple00.hatenablog.com

simple00.hatenablog.com

広告を非表示にする